大使の中学生が広島派遣の決意を表明した壮行会

 【宇都宮】市内の中学生25人を広島に派遣する市は2日、市役所で壮行会を開き、平和へのメッセージや市民が平和を祈願して折った千羽鶴を託した。中学生は6日には平和記念式典に参加する。

 壮行会には佐藤栄一(さとうえいいち)市長らが出席。水越久夫(みずこしひさお)教育長は「広島を自分の目で見て、原爆の恐ろしさ、戦争の悲惨さを肌で感じてほしい」とあいさつ。