県は29日、豚熱(CSF)が発生した那珂川町の養豚場での殺処分など防疫作業の進捗(しんちょく)状況を発表した。28日午前10時に殺処分した全1137頭の埋却を完了した。飼料・堆肥などの埋却を進めており、清掃・消毒を含めた防疫措置は31日に完了予定。

 27日午後5時50分の殺処分完了を受け、28日からの作業は午前4時~午後8時に行われている。29日正午現在、殺処分や消毒などで県職員を中心に延べ923人を動員し、2カ所の消毒ポイントで養豚場などに出入りする車両延べ112台を消毒した。また同時点で農場の半径10キロ以内の24農場に異常はないという。