28日から業務を開始した宇都宮東署平出町交番

 宇都宮市平出町の宇都宮東署平出町駐在所の老朽化などにより、敷地内に新設された平出町交番が28日、業務を開始した。

 同交番は木造2階建てで延べ床面積約75平方メートル。敷地面積は約330平方メートル。身体障害者対応の駐車スペースやトイレのほか、地域住民も利用できるコミュニティールームも設けた。同交番に同署泉が丘交番は統廃合された。

 約1万世帯を所員と共に管轄する交番所長の町田貴信(まちだたかのぶ)巡査部長(39)は「安心・安全の拠点として、頼られる交番を目指したい。気軽に立ち寄ってほしい」と意気込んだ。