男子102キロ級で連覇を果たした小山の小藤(中央)=金沢市総合体育館

 全国高校選抜スポーツは28日、金沢市総合体育館ほかで重量挙げ、バドミントン、ラグビーなどを行った。

 重量挙げは男子102キロ級の小藤快勢(こふじかいせい)(小山)がトータル272キロの大会新記録を樹立して連覇。102キロ超級の塚田直人(つかだなおと)(小山南)もトータル288キロの大会新をマークした。女子71キロ級の千野虹(ちのなな)(栃木翔南)はスナッチ73キロ、ジャーク87キロ、トータル160キロと、いずれも自らの県高校記録を更新して準優勝した。

■王者が貫禄の完全優勝 重量挙げ・小藤

 安定した試技で、他を寄せ付けなかった。重量挙げ男子でスナッチ、ジャークとも1位の完全優勝で連覇を飾った小藤快勢(こふじかいせい)(小山)。「けが無く終われて一安心」と、大会新記録にも事も無げだった。