バドミントン女子ダブルス準々決勝 作新の水井がスマッシュを放つ。手前は須崎=日環アリーナ栃木

 全国高校選抜スポーツは27日、宇都宮市の日環アリーナ栃木ほかでバドミントン、剣道、レスリングなどを行った。

 バドミントンは男女ダブルスの準々決勝、シングルスの2回戦までを行い、女子ダブルスで作新学院の水井寿々妃(みずいすずき)・須崎沙織(すざきさおり)組が同校過去最高に並ぶ8強に進出。準々決勝で惜しくも九州国際大付(福岡)に敗れ初の4強入りは逃した。女子シングルスでは同校の遠藤美羽(えんどうみはね)が1、2回戦をストレート勝ちして8強入りした。

 剣道は男女団体の2回戦までを行い、男子の佐野日大が接戦をものにし3回戦へ進出。女子の小山は初戦で敗退した。