第2クオーター4分、ドリブルで攻めるブレックスの遠藤=ブレックスアリーナ宇都宮

第2クオーター4分、ドライブを仕掛けるブレックスの遠藤=ブレックスアリーナ宇都宮

第2クオーター4分、ドリブルで攻めるブレックスの遠藤=ブレックスアリーナ宇都宮 第2クオーター4分、ドライブを仕掛けるブレックスの遠藤=ブレックスアリーナ宇都宮

 バスケットボールB1は27日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)などで8試合を行い、東地区の宇都宮ブレックスは西地区の滋賀を86-59で下し、2連勝を飾った。通算30勝13敗で東地区4位のまま。

 第1クオーターは守り合う展開となり、ブレックスは比江島慎(ひえじままこと)の3点シュートなどで得点したが、攻撃が停滞して8-13とリードを許した。第2クオーターは中盤まで失点が続き10点差に開いたが、遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)の3本の3点シュートなどで流れをつかみ38-31と逆転に成功した。

 第3クオーターはアイザック・フォトゥらがゴール下で得点を量産。連係の取れた守備で反撃の隙も与えず、8失点に抑え込んだ。62-39で迎えた第4クオーターは荒谷裕秀(あらやひろひで)のアシストから竹内公輔(たけうちこうすけ)が11得点を奪い突き放した。ジョシュ・スコットがチーム最多19得点、11リバウンドの活躍だった。

 次戦は4月2日午後5時5分から、新潟県長岡市のシティホールプラザアオーレ長岡で東地区の新潟と対戦する。