後半ロスタイム、勝ち越しゴールを奪う栃木SCのDFグティエレス

決勝ゴールを挙げ、ゴールパフォーマンスを見せる栃木SCのDFグティエレス

後半ロスタイム、勝ち越しゴールを奪う栃木SCのDFグティエレス 決勝ゴールを挙げ、ゴールパフォーマンスを見せる栃木SCのDFグティエレス

 サッカーJ2第6節は26日、各地で9試合を行い、栃木SCは宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎで千葉と対戦し2-1で勝利した。開幕戦以来5試合ぶりの白星で今季通算成績は2勝2分け2敗の勝ち点8。順位は11位まで上がった。

    ◇    ◇

 土壇場で栃木SCを救ったのは、懸命にピンチの芽を摘んできた背番号16だった。ロスタイム3分、小堀空(こぼりそら)が頭で流したボールに、ファーサイドで走り込んだDFグティエレス。192センチの長身を折りたたむように頭でゴールへねじ込んだ。