JR東日本によると、26日午後6時23分ごろ、高根沢町宝積寺のJR宝積寺駅構内で、停車中だった宇都宮線の宇都宮発黒磯行き下り普通電車(6両編成)に一部のドアが開かない不具合が起きた。

 次の氏家駅で乗客から「進行方向左側の2、5号車のドアが開かなかった」と駅員に指摘があった。宝積寺駅で降車できなかった乗客は、氏家駅から上り電車に乗り換え、宝積寺駅に戻った。

 矢板駅到着後に運転士がドアの状態を確認したところ、すべて開扉した。宝積寺駅でドアが開かなかった原因は調査中としている。