25日から業務を開始した宇都宮中央署の長岡町交番

 【宇都宮】建物の老朽化に伴い長岡町に建て替えた宇都宮中央署長岡町交番(旧山本町交番)が25日、業務を開始した。旧山本町交番から北に約1・8キロの宇都宮環状道路(宮環)沿いに移転した。

 長岡町交番は木造2階建て延べ床面積約75平方メートルで、敷地面積は約650平方メートル。身体障害者対応の駐車スペースやトイレ、地域住民も利用できるコミュニティールームを設けた。約8千世帯を管轄し、7人が交代で24時間勤務する。

 交番所長の橋本知樹(はしもとともき)巡査部長(43)は「困ったことがあったときに気軽に立ち寄れる地域のよりどころにしていきたい」と意気込んだ。