学長就任の記者会見で抱負を述べるちばてつや氏=2019年2月

田中久美子氏

学長就任の記者会見で抱負を述べるちばてつや氏=2019年2月 田中久美子氏

 文星芸術大(宇都宮市上戸祭4丁目)は25日、学長の漫画家ちばてつや氏(83)=本名・千葉徹弥=が任期を1年残し辞任すると発表した。辞任は3月31日付。健康上の理由という。

 新学長には副学長の田中久美子(たなかくみこ)氏(64)が就任する。

 ちば氏は「あしたのジョー」「紫電改のタカ」など多くの人気作で知られる。2005年の同大マンガ専攻開設時に教授に就き、19年4月から2代目学長を務めている。母親が宇都宮市出身。

 12年旭日小綬章、14年文化功労者。今年2月には日本芸術院新会員に選出された。戦後、旧満州から引き揚げた経験から、平和の尊さを訴え続けている。

 退任に当たり、ちば氏は「素直で明るい学生たちとも接することができ、大変楽しく、また働きがいのあるキャンパスでした。誠にありがとうございました」などとコメントを出した。

 田中氏は東京芸術大美術学部卒、同大大学院美術研究科博士後期課程満期退学。11年に文星芸術大准教授になり、15年から教授、18年から副学長を務めている。専門は西洋美術史。任期はちば氏の残任期間で4月1日~23年3月31日。