経営学に関する新たな学位プログラムの創設などを発表した池田学長=24日午後、宇都宮大

 宇都宮大は24日、2024年度に経営学の基礎と実践的な知識を身に付ける新たな学位プログラムを創設する方針を明らかにした。学部か、各学部で連携して運営する「学環」の新設を検討している。県内の経済や産業の発展に寄与できる人材の育成が大きな狙い。池田宰(いけだつかさ)学長は「規模感も含めて22年度中には具体的な方向性を示したい」とした。文部科学省と今月から協議を始めたという。

 22年度からの6年間の中期目標を示した「アクションプラン」に盛り込んだ。