自転車ロードレースの宇都宮ブリッツェンの運営会社「サイクルスポーツマネージメント」は1日までに取締役会を開き、代表取締役会長の砂川幹男(すなかわみきお)氏(71)が代表権のない取締役会長に就任した。代表取締役は柿沼章(かきぬまあきら)社長(46)が専任する。 

 チームが活動10年を迎えたことを機に、経営陣の若返りを図った。砂川氏は2014年4月、代表取締役社長から代表取締役会長に就任。柿沼社長と代表権2人体制が続いていた。