しののめ桜ライトアップのポスター

 【壬生】とちぎ景勝百選の一つで、桜の名所として知られる壬生甲の東雲公園で26日から、町観光協会主催の「しののめ桜ライトアップ」が開催される。昨年は桜の木のライトアップのみだったが、今回は新たに和傘や行灯(あんどん)などを飾り、園内に彩りを添える。町中心部の桜マップも初めて作製し、町内外の人に街中の桜を楽しんでもらう。4月3日まで。

 同公園には東雲橋を中心に約250本のソメイヨシノが咲き誇る。例年は恒例の「しののめ花まつり」が行われ、ステージイベントや飲食店の出店などでにぎわうが、新型コロナウイルス禍のため2020年から中止となっている。

 代替として昨年、ライトアップを開始。今年は内容をさらに充実させ、園内に色とりどりの和傘20本や行灯180基、地元有志が制作した竹あかり80本を設置する。期間中の午後6~9時に点灯する。