朝夕中心に増便になる清住・細谷線=宇都宮市

 関東自動車(宇都宮市簗瀬4丁目、吉田元(よしだげん)社長)は22日、県央・県北エリアの一般路線バスを対象にした4月1日のダイヤ改正を発表した。宇都宮市内の一部路線で増便するほか、現在、運休している深夜バスの運行を再開する。

 8路線で平日運行する臨時便を定期便化し、宇都宮市内10路線で平日のみ増便する。県央エリアでは定期便化する便と今回の増便分を合わせ、87便増える。混雑の緩和や利便性の向上、乗車機会の拡大を図る。

 清住・細谷線(宇都宮駅-清住町-細谷車庫)は朝夕を中心に増便し、日中の運行間隔をおおむね15分から12分に変更する。江曽島線(宇都宮駅-一条-西川田東、宇都宮駅-一条-総合運動公園西)は平日の午前7、8時台の宇都宮駅発を8便から12便に増やす。