» 動画ページへ

SL大樹「ふたら」の前で卒園証書を受け取るさかえ保育園の卒園生=22日午前11時35分、日光市今市

 栃木県日光市木和田島のさかえ保育園は22日、東武鉄道のSL大樹(たいじゅ)「ふたら」の車両1両を貸し切って卒園式を行った。

 新型コロナウイルス禍で年間を通じて園の行事が行えなかったため、最後に思い出をつくってもらおうと初めて企画。下今市~東武日光駅間を往復しながら卒園を祝った。

 卒園児30人が保護者と一緒に参加した。下今市駅のホームで担任保育士から1人ずつ「保育証書」を受け取って乗車。雪が降りしきる中、手作りの車掌の帽子をかぶった園児たちは車内から沿線にいる人に手を振ったり、友達と写真撮影したりして楽しんだ。

 高橋空雅(たかはしくうが)ちゃん(6)は「SLに初めて乗った。友達と写真も撮れて、すごく楽しい」と満面の笑み。一緒に乗った母美香(みか)さん(42)は「一生の思い出になる」と話した。