ロータス

トレジャーズゴールド&シルバー

エンジェルススプリームJ2

チームエボルブビーカムフレンドリー

ルーチェグロウス

エンジェルスグローリー

ルーチェフェアリーズ

だいすキッズD-amuse

足利Bullets

ドッペルクラブSPARKSミニ

エンジェルスM1

ドッペルクラブSPARKSユース

エンジェルスY1

ロータス トレジャーズゴールド&シルバー エンジェルススプリームJ2 チームエボルブビーカムフレンドリー ルーチェグロウス エンジェルスグローリー ルーチェフェアリーズ だいすキッズD-amuse 足利Bullets ドッペルクラブSPARKSミニ エンジェルスM1 ドッペルクラブSPARKSユース エンジェルスY1

 「チアリーディング&ダンス チャンピオンシップ2022」で、小学生が所属する本県の8クラブ13チームが地区大会を突破した。全国大会出場を決めた県勢は「オールスター ナショナルズ(全国選手権大会)」が8クラブ11チーム。「ザ ピーク(選抜クラブチーム大会)」が2クラブ2チーム。各チームとも大舞台での演技を目前に控え、最後の調整に励んでいる。

 大会は、チアの指導・育成をする米国の団体「USA(ユナイテッド スピリット アソシエーション)」の日本支部が主催。チアリーディングやチアダンスなどの部門で、学年、レベル、編成人数によるカテゴリーに分かれて技術を競う。

 地区大会は昨年12月5日から今年2月27日まで、全国各地で13大会と映像審査を実施。県勢の各チームは関東地区内での大会などに挑んだ。

 クラブ別では、エンジェルスが9年連続9度目の全国大会出場となり、今大会県内最多の4(ナショナルズ3、ザ ピーク1)チームが全国切符をつかんだ。ドッペルクラブ(3年連続3度目)は2チーム、ダンスのルーチェ(2年ぶり2度目)は各大会に1チームずつが出場する。

 トレジャーズは7年連続7度目、足利Bulletsは5年連続5度目、チームエボルブ・ビーカムフレンドリーは3年連続4度目、だいすキッズは3年連続3度目と連続出場数を伸ばした。ロータスは地区大会初挑戦で全国切符をつかんだ。

 「ナショナルズ」は今月26~28日、「ザ ピーク」は同29日、いずれも千葉市の幕張メッセで開かれる。新型コロナウイルス感染拡大の影響で一昨年は中止、昨年は映像審査のみとなり、会場で開催されれば3年ぶりとなる。