第1クオーター9分、ボールマンに激しいプレッシャーをかけるブレックスのフォトゥ(中央左)と渡辺(同右)=ブレックスアリーナ宇都宮

第2クオーター8分、ブレックスのフォトゥがフックシュートを放つ=ブレックスアリーナ宇都宮

第2クオーター2分、ブレックスの渡辺がドライブからアウトサイドにパスをさばく=ブレックスアリーナ宇都宮

第1クオーター3分、ブレックスの遠藤がミドルシュートを放つ=ブレックスアリーナ宇都宮

第1クオーター9分、ボールマンに激しいプレッシャーをかけるブレックスのフォトゥ(中央左)と渡辺(同右)=ブレックスアリーナ宇都宮 第2クオーター8分、ブレックスのフォトゥがフックシュートを放つ=ブレックスアリーナ宇都宮 第2クオーター2分、ブレックスの渡辺がドライブからアウトサイドにパスをさばく=ブレックスアリーナ宇都宮 第1クオーター3分、ブレックスの遠藤がミドルシュートを放つ=ブレックスアリーナ宇都宮

 バスケットボールB1は20日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)ほかで11試合を行い、東地区4位の宇都宮ブレックスは同地区8位の北海道と対戦、第2クオーター(Q)に奪ったリードを守り切り、74-66で勝利を収めた。通算28勝12敗、順位は変わらない。

 ブレックスは第1Q、喜多川修平(きたがわしゅうへい)が2本の3点シュートを決める一方、相手にも3点シュートを4本許し、17-22と追う展開に。第2Qは渡辺裕規(わたなべひろのり)、比江島慎(ひえじままこと)の3点シュートやアイザック・フォトゥのゴール下などで24得点。守備も機能して8失点に抑えて逆転し、41-30で試合を折り返した。

 第3Qは相手ファウルトラブルで12本のフリースローを獲得。チェイス・フィーラーらがそつなく決めてリードを守った。第4Qは立ち上がりに連続9失点。中盤に一時2点差まで詰め寄られたが、遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)の3点シュートなどで再びリードを広げ、逃げ切った。

 次戦は23日午後7時5分から、秋田市のCNAアリーナ★あきたで秋田と対戦する。