インタビューに応じる立憲民主党の西村幹事長=20日午前、宇都宮市

 立憲民主党県連定期大会に出席するため来県した同党の西村智奈美(にしむらちなみ)幹事長は20日、宇都宮市内で下野新聞社のインタビューに応じた。夏の参院選で候補者擁立が遅れている栃木選挙区について「一筋縄でいくものではないし、県連も努力している。地域のつながりの中で候補者を見つけてほしい」と県連の奮起に期待した。

 昨秋の衆院選結果から「栃木では議席が増え、比例票も1~4区は全国平均以上の得票率があった。自民党との差は詰まっている」と分析。「一日でも早く参院選の候補者を立て、流れを加速化したい」と党勢拡大に意欲を見せた。

 野党間の連携を巡っては、泉健太(いずみけんた)代表から共産、れいわ新選組、社民の3党に1人区の候補者調整を申し入れ、合意している。「やらなければ与党を利するだけ」と強調した。

 一方で、与党に接近している国民民主党を「野党と言えるのか」と指摘し、「各地域に事情、取り組みがある。地域の足を引っ張らないような状況を党本部でつくらないといけない」として引き続き調整が必要だとした。