豚キムチスンドゥブチゲセット

県道沿いに店を構える野口代表

韓国アイドルらのポスターが貼られた店内と野口代表

豚キムチスンドゥブチゲセット 県道沿いに店を構える野口代表 韓国アイドルらのポスターが貼られた店内と野口代表

 「トゥッペギ」と呼ばれる韓国の鍋でグツグツと煮立ったスンドゥブチゲが目の前に運ばれてくる。野口啓史(のぐちひろし)代表(41)は「喜ぶお客さんの笑顔が見られるのが幸せ」と熱々での提供にこだわる。

 1番人気は「豚キムチスンドゥブチゲセット」(1410円)。韓国から取り寄せた粉唐辛子や、じっくり炒めて甘味などを引き出したタマネギやニンニクを使った味わい深いスープが食欲をかき立てる。日本人の口に合うよう、日本のみそを使うのもポイントだ。

 中には豆腐、キムチ、県産豚「とちぎゆめポーク」のほか、ニラやネギなどの地元産の野菜がたっぷり入っている。野口代表は「韓国家庭料理は栄養バランスがいい」という。

 メニューは他にもチーズビビンバ(1230円)やキンパ(970円)などがあり、そのほとんどをテークアウトできる。

 語学留学先で出会った韓国人の妻珠里(じゅり)さん(41)と共に店を営んでいる。以前小山市内で開いていた店舗で人気だったという韓国家庭料理。2014年、栃木市樋ノ口町の現店舗に移転した時から、その一本で勝負している。

 ▼メモ 栃木市樋ノ口町73の3。木曜定休。営業時間は同店インスタグラム(@kakurenbo_tochigi)などで確認できる。(問)0282・22・2347。