紅白戦でボールに競り合うグティエレス(左)ら栃木SCの選手=河内総合運動公園陸上競技場

 サッカーJ2第5節の栃木SCは20日午後2時から、岩手県北上市の北上総合運動公園北上陸上競技場で岩手と対戦する。前節は今季初の引き分けで、通算成績は1勝1分け2敗の勝ち点4で暫定20位。相手の堅い守備を攻略して4試合ぶりの白星を挙げたい。

 前節はホームで大宮と対戦。前半から互いに好機をつかみ、28分にCKから先制点を許した。後半は選手交代などで攻勢を強め、27分にFWトカチがFKを直接ゴール。終盤は何度も相手ゴールに迫るが決め手を欠いて勝ち点1を分け合った。

 岩手は2勝2敗の勝ち点6で暫定11位。今季J2初昇格で前節は仙台に0-3で敗れた。堅守速攻が持ち味で守備時は5バック気味に自陣を固める。攻撃は能力が高いFWブレンネルが柱。セットプレーも重要な得点源だ。

 岩手にとって初のJ2ホーム戦となる。時崎悠(ときさきゆう)監督は「受け身にならないことが大切」と勢い良く試合に入ることを重視。MF谷内田哲平(やちだてっぺい)は「ボールをしっかり奪ってチャンスをつくりたい」と粘り強く戦う構えだ。