右上から時計回りに津久井氏、鈴木氏、星氏、相馬氏。背景は大田原市役所

 任期満了に伴う大田原市長選は20日投票が行われ、即日開票される。県内「ミニ統一地方選」の幕開けとなる選挙。新人の前市議星雅人(ほしまさと)氏(37)、同鈴木隆(すずきたかし)氏(63)、4選を目指す現職津久井富雄(つくいとみお)氏(72)=自民、公明推薦、新人の前県議相馬憲一(そうまけんいち)氏(64)の無所属4人が、財政や地域活性化を争点に現市政の継続か刷新かを問う激しい戦いを繰り広げている。

 星氏は市議10年3カ月の経験を踏まえ、市民負担の軽減を図る国民健康保険税と介護保険料の引き下げ、市民のアイデアによる公園づくりなどを主張。世代交代による「誰一人取り残さないまち」の実現を目指す。

 鈴木氏は国家公務員36年間の行政経験を生かし、国からの追加予算の確保やふるさと納税増収による財政強化、市民との対話による過疎化対策や市街地活性化を主張。「元気な大田原をつくろう」と呼び掛ける。

 津久井氏は市の借金削減や復興に伴うインフラ整備など3期12年の実績と、国・県と市の太い絆を強調。「すべては子どもたちの未来のために」を掲げ、支援市議17人と協力した市政運営継続の重要性を訴える。

 相馬氏は財政健全化に向けた第三者委員会設置、高齢者のオンライン見守り、歴史を観光に生かした活性化策などを主張。市議・県議31年間の実績を基に「変えなくっちゃ大田原」を掲げて、市政刷新を訴える。

【大田原市長選 候補者略歴(上から届け出順)】

◇星雅人氏(37)無新
 前大田原市議。2011年から3期10年務めた。学童保育支援員。東京学芸大卒。同市新富町1丁目。

◇鈴木隆氏(63)無新
 前大田原市議、1期。人事労務コンサルタント会社員。元文科省課長。京都大大学院卒。同市浅香3丁目。

◇津久井富雄氏(72)無現
 大田原市長3期。同市議、県議を経て2010年から現職。那須工業高機械科卒。同市上奥沢。

◇相馬憲一氏(64)無新
 前県議。市議を経て2003年から5期19年務め、議長などを歴任。青山学院大卒。同市山の手1丁目。