【真岡】市は18日、4月1日付の職員人事異動を内示した。異動者は219人で前年度比4人増の中規模となった。部長級3人の退職に伴い3人が昇任するほか、女性課長が新たに4人増えるなど課長級や課長補佐級を含め77人が昇任する。

◇真岡市の異動情報はこちら(検索機能付き)

 新たな部長級として市民生活部長に長谷川佳孝(はせがわよしたか)総務課長、建設部長併上下水道部長に谷口真芳(やぐちまさよし)下水道課長、教育次長に古澤博之(ふるさわひろゆき)総合政策課長兼プロジェクト推進室長が就任するほか、筆頭部長の総務部長には野澤伸一(のざわしんいち)総合政策部長が就く。

 係長級以上の女性役職者は39人で、役職者に占める割合は26・2%と前年度比2・2ポイント増となった。退職者は計16人。新規採用は一般事務の14人や社会人枠(一般事務)の2人など計24人となる。職員総数は6人増の489人。