鈴木海音

 日本サッカー協会は17日、ドバイ・カップ(23~29日・アラブ首長国連邦)に臨むU-21(21歳以下)日本代表27人を発表し、栃木SCからDF鈴木海音(すずきかいと)(19)が選出された。

 鈴木は今季、育成型期限付き移籍で磐田から入団した。クラブを通じて「代表活動に参加させてくれたチームに感謝し、栃木の代表として胸を張ってプレーしたい」とコメントした。

 代表には荒木(鹿島)や18歳の松木(FC東京)、17歳のチェイス(福島・尚志高)ら27人を選出した。斉藤(ロンメル)GK小久保(ベンフィカ)内野(デュッセルドルフ)の海外組3人も入った。

 U-23クロアチア代表などと対戦する貴重な実戦の場で、この年代のベストに近いメンバーがそろった。2年後のパリ五輪に向け、初の対外試合に挑む大岩監督は「タフな国際試合を経験できる。グループとして戦う戦術理解を進めていけたら」と語った。