» 動画ページへ

信号機が消えた交差点=17日午前0時53分、小山市神鳥谷の国道4号

 16日午後11時36分ごろ、宮城県と福島県で震度6強の地震があった。気象庁によると震源地は福島県沖で、震源の深さは約60キロ。地震の規模はマグニチュード(M)7.3と推定される。

 本県は、震度5弱が那須町(寺子)、市貝町(市塙)、高根沢町(石末)、那珂川町(小川)。震度4が日光市、大田原市、矢板市、那須塩原市、塩谷町、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、小山市、真岡市、さくら市、那須烏山市、下野市、上三川町、益子町、茂木町、芳賀町、壬生町、野木町。

 JR東日本によると、17日午前1時39分現在、宇都宮線、両毛線は運転を見合わせている。宇都宮線について「運転再開には相当な時間がかかる場合がある」としている。

 県道路公社によると、17日午前1時35分、日光宇都宮道路の通行止めが解除された。

 東京電力パワーグリッドの停電情報によると、17日午前1時29分現在、県内の停電はない。16日午後11時50分時点では、約12万1300軒が停電していた。

 県は16日、警戒本部を立ち上げた。大田原市、市貝町、高根沢町、那須町、那珂川町もそれぞれ、警戒本部を設置した。