後半3分、巧みに突破しシュートを決める栃木シティのMF鈴木一(右)=CFS

 サッカー関東リーグ1部の栃木シティFCは13日、栃木市のシティフットボールステーション(CFS)でJ3の相模原とプレシーズンマッチを行い、2-3で敗れた。

 栃木シティはFW牛原克(うしはらまさる)、DF松浦航洋(まつうらこうよう)が新加入で先発。前半は立ち上がりから何度も決定機をつくるが、22分に守備の隙を突かれ先制点を奪われた。その後は43分にも失点し、0-2で折り返した。

 後半は3分にMF鈴木一朗(すずきいちろう)がシュートを決め1点差。しかし再び失点し突き放されると、終盤に牛原がゴールを奪ったが反撃もそこまでだった。

 今季リーグ戦は4月3日に開幕。栃木シティは午後1時から、CFSで流通経大ドラゴンズ龍ケ崎と戦う。