足利大・足利短大次期学長の末武義崇氏

 学校法人足利大学は15日、足利大と足利短大の次期学長に足利大副学長兼工学部長の末武義崇(すえたけよしたか)教授(60)を選任したと発表した。任期は4月1日~2026年3月31日。

 末武氏は北海道出身の工学博士で、研究分野は社会基盤(土木)と構造工学。早稲田大大学院理工学研究科博士後期課程修了後、00年4月に足利工大(現足利大)助教授、05年4月に同教授に就いた。

 荘司和男(しょうじかずお)現学長(71)は「第1次中長期計画が終了し、仕事に区切りがついた」として、2期目の2年間を終える31日に退任する。