宇都宮市役所

 【宇都宮】市は15日、4月1日付の職員人事異動を内示した。異動者は、前年度と比べ21人増の1400人。機構改革などを除いた実質的な異動者数は、前年度より21人増の1102人で中規模となった。

◇宇都宮市異動情報はこちら(検索機能付き)

 女性管理職(課長級以上)は、前年度比1人増の34人。過去最高だった2019、21年度の33人を上回った。

 部長級の異動は、前年度比6人増の15人。行政経営部長に大竹信久(おおたけのぶひさ)子ども部長(59)を起用した。

 来年3月開業予定の次世代型路面電車(LRT)事業のかじ取りを担う建設部長には篠田治(しのだおさむ)都市整備部長(59)が就く。建設部参事LRT担当に矢野公久(やのまさひさ)同部次長(56)が昇任する。

 主な組織再編として、都市機能を複数の拠点に集約し、公共交通でつなぐネットワーク型コンパクトシティ(NCC)の形成に向けNCC推進課を設置。移住・定住や都市ブランド戦略を一体的に担う人口対策・移住定住推進室も設ける。