六回、相手の送球がそれる間に二走の栃木GB・石川が本塁を陥れる。捕手・秋山

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は13日、栃木市のエイジェックさくら球場で全足利クラブと練習試合を行い3-5で敗れた。

 栃木GBは10日に今季のキャンプをスタートしこの日が今季初の実戦。先発内林瑞貴(うちばやしみずき)は5回5失点だったが、六回以降は継投で無失点に抑えた。打線は0-4の四回、新加入の宜保優(ぎぼゆう)の中前打を足場に石川慧亮(いしかわけいすけ)の遊撃強襲打と葭葉幸二郎(よしばこうじろう)の中前適時打で2点を返すなどしたが及ばなかった。

 全足利クラブは三回無死満塁から佐藤翔(さとうかける)の左翼線2点適時二塁打などで3点を先制。四、五回にも1点ずつ加点し主導権を握ったまま逃げ切った。