当時のメンバーの集合写真と平出さん

ポスターと平出さん

当時のメンバーの集合写真と平出さん ポスターと平出さん

 1970年から74年にかけて、栃木会館などで多数のフォークソングコンサートを開催した高校生中心のグループ「ふらここ」。グループ発起人の一人である平出晴夫(ひらいではるお)さん(72)が中心となり、当時の資料をまとめた企画展「ふらここ同窓会展」を宇都宮市江野町のオリオンACぷらざで開いている。22日まで。

 同グループは5年間で25回のコンサートを開催し、延べ2万5千人を動員した。地元のアマチュアに加えプロも招待。吉田拓郎(よしだたくろう)さんや井上陽水(いのうえようすい)さんら有名アーティストも多数出演した。

 活動終了から約50年が経過し、当時のメンバーは高齢化が進む。平出さんは元気なうちに資料をまとめ、活動を振り返る機会をつくろうと企画展を発案。疎遠になっているメンバーや来場者と接点を持ちたいとも考えた。

 会場には当時のチケットやポスター、メンバーの集合写真などのパネル約20点を展示している。チケットには過去のコンサートに来場した人の感想も印刷され、若者にとってミニコミとしての役割も果たしていたことがうかがえる。

 宇都宮中心部の白地図に、当時存在した喫茶店のマッチを貼り付ける企画も実施。平出さんは「当時の若者を撮影した写真や、マッチなどがあれば展示させてほしい。同じ時代を生きた仲間で集まりましょう」と話している。

 入場無料。午前10時~午後5時。水曜休館。(問)平出さん090・2766・7675。