大田原市長選に立候補を届け出た4氏。左から星雅人氏、鈴木隆氏、津久井富雄氏、相馬憲一氏

 任期満了に伴う大田原市長選は13日告示され、午前8時半から立候補の受け付けが始まった。いずれも無所属で、新人の前市議星雅人氏(37)、新人の前市議鈴木隆氏(63)、4選を目指す現職津久井富雄氏(72)=自民、公明推薦=、新人の前県議相馬憲一氏(64)の計4人が立候補を届け出た。市政初の4氏による激戦に突入した。

 星氏は午前10時から同市紫塚1丁目の稲荷神社交差点、鈴木氏は午前11時から同市浅香1丁目のJAなすの土地建物相談センター、津久井氏は午前10時から同市中田原の結婚式場「勝田屋」駐車場、相馬氏は午前10時半から同市中央1丁目の金燈籠(かなどうろう)交差点でそれぞれ、第一声を放つ。

 投票は20日午前7時から午後6時まで市内40カ所で行われ、午後7時20分から同市湯津上の湯津上農村環境改善センターで即日開票される。12日現在の選挙人名簿登録者数は5万9318人(男2万9359人、女2万9959人)。