巨大イチゴガチャを楽しむ親子

巨大いちごガチャを楽しんだ親子連れ

巨大イチゴガチャを楽しむ親子 巨大いちごガチャを楽しんだ親子連れ

 【鹿沼】「いちご市」鹿沼をアピールする市のイベント「いちごのもり2022」の一環で、茂呂の市花木センターに11日、高さ2・4メートルの「巨大イチゴガチャ」が登場した。来場者の目を引いている。

 ガチャは、イチゴ関連商品を取り扱う市内22店舗を対象としたスタンプラリーの達成者が楽しめるアトラクション。各店舗の商品購入でスタンプが得られ、無料通信アプリLINE(ライン)を使うと三つ、紙の台紙では五つのスタンプを集めると挑戦できる。

 同センター広場に設置されており、イチゴの写真やいちご市のロゴでカラフルにラッピングされた。直径16センチのカプセルには、鹿沼産イチゴやかぬま和牛、市内で使える商品券などの引換券が入っている。

 12日も家族連れなどが会場を訪れ、大きなダイヤルを両手で回してさまざまな景品を引き当てた。家族4人で訪れた日吉町、会社員星野純平(ほしのじゅんぺい)さん(34)は「商品はウエットティッシュだったが、ガチャ好きの子どもが喜んでいるのでよかった」と話した。

 スタンプラリーとイチゴガチャの抽選は、ともに21日まで実施している。