矢板中央高時代に全国高校サッカー選手権でプレーする白井(右)=2019年1月4日、川崎市の等々力陸上競技場

 サッカーJ2長崎は11日、那須町出身で法大のDF白井陽貴(しらいはるき)(21)の2023年シーズン入団と、今季、大学チーム登録のままJリーグの試合に出場可能な特別指定選手に日本協会から認定を受けたと発表した。

 白井はFCエルマーノ那須から矢板中央高に進み、2、3年時には全国高校選手権で優秀選手に選出。3年時には高校選抜にも選ばれた。

 今季の背番号は38。12日の第4節大分戦から出場できる。クラブを通じ「たくさんの方々に夢や希望、感動を与えられるように自分らしく泥くさく戦い抜きたい」とコメントした。