低温で長時間焼き上げた「スイーツ焼」

 設備工事仲介のオレンジ(真岡市八木岡、篠崎邦之(しのざきくにゆき)社長)は、オリジナル焼き芋「スイーツ焼(やき)」の製造販売に乗り出した。新型コロナウイルス禍での売り上げ減を受け、自社事業によって安定的な収入を確保しようと、人気が高まっている焼き芋に着目した。

 将来的には原料のサツマイモを真岡市内の生産者から購入するなど、地元との連携も視野に入れる。