地震発生時刻に合わせ手を合わせる人たち=11日午後2時46分、福島県いわき市の久之浜地区

 東日本大震災は11日、2011年3月の発生から11年となった。遺族らは午後2時46分の発生時刻に合わせて黙とうした。「強い気持ちで生きていく」。犠牲者に鎮魂の祈りをささげ、復興を誓った。東京電力福島第1原発事故などにより、全国で約3万8千人が今も避難生活を続ける。

 東京で開催してきた政府主催の追悼式は、10年の節目だった昨年で最後に。式典を開かない被災自治体も増え、追悼の形に変化が出ている。

 岸田文雄首相は、福島市で開かれた県主催の式典に出席。遺族ら約200人を前に「東北の復興に全力を尽くす」と述べた。遺族代表の南相馬市の高田求幸(たかだ・もとゆき)さん(83)は、義妹の宥子(ゆうこ)さん=当時(69)=を津波で亡くした。「原発事故の影響で、(宥子さんを)捜すこともできず避難することになった気持ちは言葉では表せない」と声を振り絞った。

 福島県いわき市の久之浜地区。津波の被害にあった沿岸部では防災緑地の整備が進み、マツの木が生い茂っている。家族、古くからの知人、震災後に生まれた子どもと訪れた人。この日、被災者らはそれぞれの思いを巡らせ、海に向かって手を合わせた。

 同県では今年春、帰還困難区域の一部で避難指示が解除される予定だが、住民の帰還が進むかは見えない。来春にも始まる第1原発の処理水海洋放出による風評被害など、復興への課題は山積する。

 岩手県大槌町では、県と町の合同追悼式が開かれ、遺族ら約150人が出席した。自宅で一緒にいた妻と母を津波で失った遺族代表の芳賀俊明(はが・としあき)さん(69)は「今でも後悔と寂しさがこみ上げてくる。それでも強い気持ちを持って、2人の分まで生きていく」と話した。

 11年3月11日午後2時46分、宮城県で最大震度7を観測する巨大地震が発生。警察庁のまとめでは、今年3月1日現在で全国の死者は1万5900人、行方不明者2523人。復興庁によると、避難中の持病の悪化や自殺などによる関連死は昨年9月時点で3784人。