【矢板】市は11日、4月1日付の職員異動を内示した。異動総数は110人。部長級の新任職員がいないなど、過去10年で最も小規模となった。

◇矢板市異動情報はこちら(検索機能付き)

 筆頭部長に当たる総務部長兼総務課長に高橋弘一(たかはしこういち)総合政策部長兼総合政策課長(56)を、総合政策部長兼総合政策課長には和田理男(わだみちお)経済建設部長兼建設課長(56)を充てた。

 市民生活部長兼危機管理監兼生活環境課長は村上治良(むらかみはるよし)健康福祉部参事兼健康増進課長(54)、経済建設部長兼建設課長は柳田豊(やなぎたゆたか)市民生活部長兼危機管理監兼生活環境課長(56)が務める。

 異動により、4月1日時点の全職員252人のうち、管理職に当たる主幹級以上は93人になる。このうち女性は32人(34・4%)となった。