東京五輪聖火リレー実行委員会の初会合=31日午前、県公館

東京五輪聖火リレー実行委員会の初会合=31日午前、県公館

東京五輪聖火リレー実行委員会の初会合=31日午前、県公館 東京五輪聖火リレー実行委員会の初会合=31日午前、県公館

 2020年東京五輪で全国を巡る聖火リレーのうち、県内のルートやランナー選考を話し合う実行委員会の初会合が31日、県公館で開かれた。市町の意向を踏まえて年内にルート案をまとめ、大会組織委員会に提出する。ランナー選定は、ルートやランナーの人数が確定した後に行う。

 実行委メンバーは、北村一郎(きたむらいちろう)副知事や宇田貞夫(うださだお)県教育長のほか、県警や県市長会、県町村会、県消防長会の担当者ら計11人。会長は北村副知事が務める。