鈴木康裕氏

 大田原市北金丸の国際医療福祉大は11日、新学長に副学長の鈴木康裕(すずきやすひろ)氏(62)が4月1日付で就任すると発表した。現学長の大友邦(おおともくに)氏(67)は同大の名誉学長、医学部放射線医学統括教授などに就く。

 鈴木氏は慶応義塾大医学部卒、ハーバード大大学院公衆衛生研究科修了。1984年、厚生省(当時)入省。県保健福祉部長、厚生労働省保険局長などを歴任し、2017年7月に同省の初代医務技監に就任。20年8月の退職まで、新型コロナウイルス感染症対策などに取り組んだ。2021年3月から現職。

 3代目学長の大友氏は16年4月から学長を務めた。