とちぎ未来大使に委嘱された落合さん(左)と本田さん=7日午後、大阪市(県大阪センター提供)

 栃木県は、栃木県出身でアイドルグループ「≠ME(ノットイコールミー)」に所属する落合希来里(おちあいきらり)さん(20)と、本田珠由記(ほんだみゆき)さん(18)の2人を、栃木県の魅力を発信する「とちぎ未来大使」に委嘱した。7日、大阪市の県大阪センターで伝達式が行われた。

 「≠ME」は2019年に結成された。タレントの指原莉乃(さしはらりの)さんがプロデュースする。

 県は今月22、29の両日、朝日放送ラジオ(大阪市)の番組「ノイミーステーション」内の企画として、パーソナリティーを務める2人が栃木県をPRするプロモーション活動を実施する。

 福田富一(ふくだとみかず)知事からの委嘱状を、同センターの篠崎孝(しのざきたかし)センター長が2人に手渡した。

 落合さんは「アイドル活動を通して、栃木の魅力を知らない人にたくさん情報発信をしたい」、本田さんは「大好きな栃木県の唯一無二なところを発信していきます」と意気込んだ。

 大使の名刺の肩書は落合さんが「栃木きらつかせ大使」、本田さんは「とちまるくん仲良しアイドル」となった。