栃木SCのFW小堀空(左)、DF鈴木海音

 日本サッカー協会は7日、同日から9日まで千葉県内で行っているU-21(21歳以下)日本代表の候補合宿にJ2栃木SCからDF鈴木海音(すずきかいと)とFW小堀空(こぼりそら)の2選手を追加招集したと発表した。

 俊敏性を生かした守備が持ち味で、今季、磐田から加入した鈴木はこれまで各世代別代表を経験。長身ながら走力も兼ね備える2年目の小堀は初招集となった。今季は共にリーグ戦全3試合に先発出場している。

 U-21日本代表は大岩剛(おおおわごう)監督の下、2024年パリ五輪出場を目指している。