選手のパネルやユニホームなどが並ぶ2階の特設スペース

チームカラーの赤にちなんだ限定商品「イチゴソーダフロート」

ステッカー

ファンボード

ロードバイク

選手のパネルやユニホームなどが並ぶ2階の特設スペース チームカラーの赤にちなんだ限定商品「イチゴソーダフロート」 ステッカー ファンボード ロードバイク

 4月に開幕が迫る自転車ロードレースの年間シリーズ戦「ジャパンサイクルリーグ(JCL)」。昨季、初代王者に輝いた宇都宮ブリッツェンを応援しようと、江野町の宇都宮市アンテナショップ「宮カフェ」で企画展が開かれている。連覇への期待を胸に、足を運んだ。

 2階に設けられた特設スペースには、今シーズンを戦う全10選手の紹介パネルが展示されている。西村大輝(にしむらひろき)選手、阿部嵩之(あべたかゆき)選手のパネルには、来店した両選手の直筆サインが書き込まれていた。ユニホームや選手がレースで乗車したロードバイクなどの展示のほか、来場者が自由に書き込める寄せ書きボードも。「さらなる高みを目指せ!!」など、ファンからの熱いメッセージが書き込まれていた。

 1階の「@miya(アットミヤ)」では、チームカラーの赤にちなんだ限定商品を考案。イチゴシロップを使ったソフトドリンク「イチゴソーダフロート」(600円)や、ランチ限定の「エビチリオムライス」(1200円)を提供している。500円以上の飲食や物販の購入で、同チームのオリジナルステッカーがもらえる(無くなり次第終了)。

 松本博一(まつもとひろかず)店長(46)は「運が良ければ選手に会えるかもしれない。何回でも足を運んでほしい」。

 27日まで。午前10時~午後5時(金、土、日曜は7時)。(問)宮カフェ028・666・8938。