後半44分、栃木SCのMFトカチ(中央)がシュートを放つ=カンセキスタジアムとちぎ

前半35分、栃木SCのMFトカチ(右)がタッチライン際で競り合う=カンセキスタジアムとちぎ

後半44分、栃木SCのMFトカチ(中央)がシュートを放つ=カンセキスタジアムとちぎ 前半35分、栃木SCのMFトカチ(右)がタッチライン際で競り合う=カンセキスタジアムとちぎ

 サッカーJ2第3節は5日、各地で5試合を行い、栃木SCは宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎで岡山と対戦し、0-1で敗れた。2連敗で通算1勝2敗、勝ち点3で順位は暫定14位。

 栃木SCは前節から先発を2人入れ替え、MF谷内田哲平(やちだてっぺい)、DF大島康樹(おおしまこうき)が初起用された。前半は26分、MF西谷優希(にしやゆうき)が左サイドを抜け出してシュートを放ったものの、相手GK正面。その後は決定機をつくれず、両チーム無得点で折り返した。

 後半は開始直後の3分、自陣ペナルティーエリア手前からのフリーキックを直接決められて失点。27分にFW瀬沼優司(せぬまゆうじ)らを投入して得点を狙ったが、流れを呼び込めず最後まで1点が遠かった。

 栃木SCは13日午後2時から、同所で大宮と対戦する。