» 動画ページへ

住宅街に逃げ込んだイノシシ=5日午後0時10分、野木町丸林(画像は一部加工しています)

 5日午前10時ごろから午後1時ごろまでの間、栃木県野木町丸林周辺の住宅街にイノシシが出没し、1人が軽傷を負うなどした。

 小山署によると、同日午前10時15分ごろ、同町友沼のスーパー「ヤオコー野木店」敷地内で同店従業員の40代女性がイノシシに左手首をかまれるなどし、軽傷を負った。その後イノシシは同町丸林の住宅街に逃げ込み、午後0時55分ごろ、同署員や県猟友会小山支部野木町有害鳥獣駆除隊によって捕獲された。

 捕獲されたイノシシは体長約1・2メートル、体重約75キロの雄だった。住宅のフェンスや車などが破損する被害があった。

 この日は、イノシシの生息地とされる同所近くの渡良瀬遊水地で「ヨシ焼き」が行われていた。県猟友会小山支部野木町有害鳥獣駆除隊の針谷栄(はりがやさかえ)さん(81)は「これほど住宅街の中までイノシシが来ることはめったにない。ヨシ焼きの影響であぶり出されたようだ」と話している。

 同署には、他にも同町丸林周辺で別の個体とみられるイノシシの通報が1件あった。