農林水産省は3日、2021年12月に公表した20年の農業産出額で、イチゴの金額に誤りがあり、訂正したと発表した。首位が福岡県から本県に入れ替わる。本県は1995年以来守ってきたトップを維持し、福岡県は94年以来26年ぶりの首位が幻になる。

 全国2位の212億円とされた本県の産出額は実際には238億円で、福岡県の231億円を上回る。農水省によると、関東農政局が集計の際、入力ミスをしたという。

 本県の担当者が農水省公表のイチゴ産出額に疑問を抱き、県は今年1月、関東農政局に対し、産出額の計算の根拠の確認や説明を申し入れていた。

 県生産振興課は今回の訂正と日本一の維持を受け、「よかったという気持ちはあるが、気を引き締めて日本一の座を守らなければならない」としている。イチゴの販売を担うJA全農とちぎは「ほっとしたというのはある。今後もいちご王国としてしっかりと販売に努力したい」という。

 104億円としていた静岡県のイチゴ産出額も108億円に訂正した。静岡の順位は変わらない。同局管内の本県と静岡以外の7県でも同じ誤りがあった。7県の産出額は公表していない。

 イチゴの誤りを受け、農水省が統計を再確認したところ、近畿農政局管内で173億円としていた京都府のコメ産出額も、実際は171億円だったため訂正した。

 一連のミスを反映し、農水省は20年の農業総産出額を従来発表より37億円多い8兆9370億円に、生産農業所得を11億円多い3兆3433億円に訂正した。