エリア別の将来像

 【宇都宮】市はこのほど、JR宇都宮駅付近から桜通り十文字付近にかけての将来像を示す「都心部まちづくりビジョン」を策定した。計画中の次世代型路面電車(LRT)の同駅西側延伸を踏まえ、公共交通と一体となった都心部の活性化を進める内容となった。

 同ビジョンは、2030年頃の都心部を見据え、芳賀・宇都宮基幹公共交通検討委員会の「LRTまちづくり部会」が19年9月から検討を重ねてきた。

 主な特徴は、(1)LRTなどを活用したまちづくり(2)「宇都宮らしさ」をより高める視点(3)地域の成り立ちを踏まえたエリア別の将来像-の3点。

 市が公共交通の基軸とするLRTを踏まえ、ビジョンでは「定時性・速達性」という特性を生かしたまちづくりを描いた。大通りでの移動時間が予測でき移動ストレスが低減することで、人の動きが活発になり、多様性のある一体的な空間を創出。周辺地域から都心部にアクセスしやすい環境づくりも進める。