表彰状を手に笑顔の冨田さん

冨田さんの作品

表彰状を手に笑顔の冨田さん 冨田さんの作品

 【さくら】読書で得た感動を、絵と文章で家族に伝える「全国家読(うちどく)ゆうびんコンクール」で、氏家小2年冨田心愛(とみたのあ)さん(8)の作品が、最高賞の「柳田邦男(やなぎだくにお)賞」に輝いた。幼稚園から一般まで国内外約1万8千点の中から、同賞5点の一つに選ばれた。市内小学生の最高賞選出は2年連続。

 コンクールは「日本一の読書のまち三郷」を掲げる、埼玉県三郷市教委が主催。2014年度から実施しており、鹿沼市出身のノンフィクション作家柳田邦男さんが審査委員長を務めている。本年度は北海道から佐賀県までの国内や中国・杭州市から応募があった。