県高野連は30日、第71回秋季県高校野球大会のシード校を決める交流戦の組み合わせと日程を発表した。

 交流戦は8月18、19の両日、県内8会場に分かれてトーナメント戦を行い、各ブロックの上位1校が県大会のシード校となる。壬生、益子芳星、足利南、馬頭、さくら清修の5校が連合チームを組んで出場し、全60校56チームが参加する。日光明峰、小山高専、那須の3校は出場しない。

 県大会は9月8日に開幕し、30日までの延べ11日間で実施する。組み合わせ抽選会は8月29日に行われる。