新聞スクラップ作りに取り組む参加者たち=30日午前、下野新聞社

 しもつけ夏休み親子新聞教室(下野新聞社主催)が30日、宇都宮市昭和1丁目の下野新聞社で開かれ、県内の小中学生と保護者12組36人が新聞スクラップ作りに挑戦した。

 県NIEアドバイザーで同市豊郷中央小教諭の堀内多恵(ほりうちたえ)さんが講師を務め、記事の選び方や写真の役割などを説明。「しもつけ新聞スクラップ作品コンクール」の受賞作を例に挙げながら「何を伝えたいかを考えて」などと呼び掛けた。