3人制バスケットボールの第7回3x3日本選手権大会ファイナルは26日、東京都の新宿住友ビル三角広場で開幕し、本県の宇都宮ブレックスは1回戦、準々決勝ともに21点を先取するノックアウト勝ちで、27日の準決勝に進んだ。

 大会は東、中、西日本エリア予選を勝ち上がった16チームによる決勝トーナメント。宇都宮ブレックスは1回戦で三条ビーターズ(新潟)に21-11で勝った。

 準々決勝はエピック(兵庫)に21-15。序盤から優位に試合を進め、残り5分で11-4とリードした。終盤は最大10点差をつけたが、5人制の3点シュートに当たる2点シュートを3連続で浴びた。4点差まで追い上げられたが、最後は飯島康夫(いいじまやすお)の2点シュートで逃げ切った。

 大会最終日は27日、同会場で準決勝と決勝を行う。ブレックスは準決勝でドミネート(千葉)と対戦する。