福島町長に(右)DVDを手渡すウチダさん

 【那珂川】エンターテインメントグループ「歌う海賊団ッ!」の船長「キャプテン☆うっちゃる」こと町ふるさと大使のウチダトモヒロさん(53)が、町内の子どもたちを励まそうと町にグループのDVD100枚を寄贈した。

 ウチダさんをはじめ、10人以上いるメンバーのうち7人が町ふるさと大使を務める同グループ。例年大トリを務めてきた11月の「なかがわ元気フェスタ」が新型コロナウイルス禍で一昨年、昨年と中止され、活躍の機会を逸していたことから、「何かできることを」とDVD寄贈を思い立ったという。

 14日、おなじみの真っ赤なステージ衣装を身にまとい町役場に現れたウチダさん。町長室に入るや、出迎えた福島泰夫(ふくしまやすお)町長と「ヨーホー!」「ヨーホー!」と互いに海賊流のあいさつを交わし、グループのライブ映像などを収めたDVDの入った宝箱を町長に手渡した。

 「感染状況が落ち着けば、また生のステージで子どもたちを楽しませたい」とウチダさん。「いずれ町内に海賊団の秘密基地を造り、県内外のファンに来てもらいたい」との“野望”も明かし、福島町長は「プレゼントは町内のこども園児に届けたい。とても喜びます」と普段にも増して目を細めていた。