通常公務に復帰した佐藤市長

【宇都宮】新型コロナウイルスに感染し自宅療養していた佐藤栄一(さとうえいいち)市長は25日、通常公務に復帰し、市議会本会議で議案説明や施政方針などを述べた。

 佐藤市長は15日の検査で陽性が判明。自宅でオンラインや電話で公務を行ってきた。閉会後、下野新聞社の取材に「体調は回復し万全です。療養中は喉に痛みがあり、コロナを甘く見てはいけないと痛感した」と述べた。